院内コラム

院内コラム

シミの治療に対するリスクをここで確認!

 

前回まではシミの種類と

 

 

 

シミのメカニズムについてお伝えしてきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回からはシミに対する

 

 

 

 

治療法のリスクについてお伝えしていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

シミ取りの治療には色々ありますが

 

 

 

 

 

皆さんが一番耳にするのが

 

 

 

 

 

レーザー治療ではないでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

《レーザー治療とは?》

 

 

 

この治療は老人性色素斑(ろうじんせいしきそはん)

 

 

 

等に効果的と言われています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

レーザー治療を行うと簡単に

 

 

 

 

シミが取れると思っている人も

 

 

 

 

多いのではないでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

そこでレーザー治療について

 

 

 

少しお話したいたと思います。

 

 

 

 

 

 

シミ取りレーザーは黒いものに反応するので

 

 

 

 

シミの原因となるメラニン色素を

 

 

 

 

 

狙い撃ちすることができるため

 

 

 

正常な皮膚組織にはダメージを与えず

 

 

 

異常組織だけを破壊することができます。

 

 

 

 

 

 

つまりレーザーを照射することで

 

 

 

 

軽いやけどのような状態を作り

 

 

 

 

色素の周囲、シミの部分の表皮と角質層を

 

 

 

 

はがすため治療を行った後はかさぶたが出来ます。

 

 

 

 

 

そして、新しい皮膚ができてくるので

 

 

 

 

シミが消える、と言った仕組みになっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

《レーザー治療のリスク》

 

 

 

レーザー治療では1回でかなり薄くなりますが、

 

 

 

 

個人差やシミの状態で

 

 

 

 

 

レーザー治療を行う回数も違ってきます。

 

 

 

 

 

 

シミの大きさや数、広がっている範囲によって

 

 

 

 

*薄くて小さいものなら1~3回

 

 

 

*濃いシミや広範囲のものなら10回程度

 

 

 

 

 

 

 

など、回数も違ってきますので

 

 

 

予算に関しても相談が必要と言えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

さらに生きた細胞を改善させていくため、

 

 

 

 

アフターケアを怠ると

 

 

 

 

また同じ場所に再発する可能性もあります。

 

 

 

 

 

 

 

またレーザー治療を行った部分は

 

 

 

 

軽いヤケドや擦り傷のようになるため

 

 

 

 

とてもデリケートになっています。

 

 

 

 

 

 

 

そこでレーザー治療後の皮膚の炎症を

 

 

 

 

早く鎮める事が大切になってきますので

 

 

 

 

レーザー照射後約2週間は、

 

 

 

ガーゼ・絆創膏で皮膚を保護しなければなりません。

 

 

 

 

 

 

 

また肌が赤みを帯びている間は

 

 

 

 

決して引っ掻いたりこすったりしないよう

 

 

 

 

注意が必要になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

つまり、レーザー治療を受けている間は

 

 

 

UVケアや正しいスキンケアも併せて行わなければ

 

 

 

 

 

 

シミ取りレーザーの効果を最大限に

 

 

 

引き出すことはできませんので

 

 

 

今以上にスキンケアが大切になってきます。

 

 

 

 

 

 

 

このようなリスクも伴いますので

 

 

 

 

 

レーザー治療を受けてシミを取りたいという方は

 

 

 

 

 

きちんとした知識を持つことも大切かと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

次回はシミの中でもレーザー治療では

 

 

 

 

効果を得られないシミに対しての

 

 

 

 

治療法とリスクについてお伝えしていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

記事一覧へ