院内コラム

院内コラム

出来てしまったシミは美容整形以外で消えるのか!?

こんにちは!

 

 

 

紫外線がきつく、

 

これからは特に注意をしなければならない

 

季節になってきましたね。

 

 

 

 

 

 

前回までは紫外線対策について詳しく

 

 

お伝えしてきましたが

 

 

 

今回はせっかく紫外線対策を頑張ったのに

 

 

出来てしまったシミについて

 

 

お伝えしていきたいと思います。

 

 

 

 

シミにはさまざまな種類があって

 

 

その種類によって治療方法も違ってきます。

 

 

 

 

 

ここからはシミの特徴と

 

 

治療方法についてお伝えしていきます。

 

 

 

 

 

皆さんはシミはレーザー治療などで

 

 

簡単に取れると思っていませんか?

 

 

ところが、違うんです。

 

 

 

 

 

生きた細胞を改善させていくため、

 

 

 

*皮膚の生まれ変わりや環境

 

*刺激

 

*レーザー治療の前後

 

 

 

 

 

といったことも考えながら

 

 

ケアをしていかなければならず

 

 

期間も長くかかります。

 

 

 

 

 

<肝斑>

 

 

 

肝斑と呼ばれるシミの原因は、

 

 

「女性ホルモン」

 

 

「摩擦などの外的刺激」

 

 

といったことが考えられています。

 

 

 

 

 

20代半ば頃から出る人も多く

 

 

あまりはっきりしたシミではなく

 

 

左右対称に現れ

 

 

両頬にできることが特徴です。

 

 

 

 

 

対策としては刺激を避けることが大事で、

 

 

洗顔やスキンケアを使う場合も

 

 

「擦りつけないように」

 

 

優しく行う事が大切になります。

 

 

 

 

今は常識のようになりましたが

 

 

洗顔は泡をたっぷり立てて

 

 

指が触れないよう泡で洗うような意識で行いましょう。

 

 

 

 

 

またスキンケアを付ける時も

 

 

ハンドプレスするように付けるように

 

 

気を付けましょう。

 

 

 

 

 

 

シミの治療には光治療やレーザー治療

 

 

 

というものもありますが

 

 

 

肝斑に関しては

 

 

 

“シミが濃くなる”というリスクがあります。

 

 

 

そのためレーザー治療はできません。

 

 

 

 

 

 

<日光性色素班>

 

 

 

 

主に紫外線によってできる

 

 

比較的くっきりしたシミで、

 

 

老人性色素斑とも言われています。

 

 

 

 

 

治療はシミの程度により違い

 

 

「ビタミンA・Cの超音波導入」

 

 

「ビタミンCのイオン導入」

 

 

「トレチノイン療法」

 

 

「光治療」

 

 

「色素レーザー治療」

 

 

 

 

などがあります。

 

 

 

 

 

 

<卵斑(そばかす)>

 

 

 

そばかすは主に顔でよく見られる

 

 

米粒大の小さな茶色の斑点のことです。

 

 

 

 

そばかすは遺伝的な要因が強く、

 

児期からみられ、思春期に濃くなり、

 

その後徐々に目立たなくなっていきます。

 

 

 

 

 

そばかすのほとんどは遺伝によるものと

 

言われてはいますが、

 

 

 

紫外線の強い時期には濃くなるので、

 

 

紫外線対策は必要になります。

 

 

 

 

<炎症後色素沈着>

 

 

 

炎症後色素沈着とは、

 

皮膚が炎症を起こした後にシミができることで

 

蚊などの虫に刺された場所や

 

 

 

ニキビなど皮膚が炎症を

 

起こした場所にできます。

 

 

 

 

原因としては

 

 

炎症が起こるとメラノサイトが刺激され、

 

 

メラニンを生成するから・・・

 

 

 

 

その他の原因として

 

継続的な摩擦や炎症なども考えられます。

 

 

 

 

 

たとえばナイロンタオルや

 

ボディブラシなどで肌を強くこすって洗う人や

 

アトピー性皮膚炎などです。

 

 

 

 

 

炎症後色素沈着は炎症がある間は

 

メラニン色素が作り続けられので

 

まず炎症を鎮める事が大切になります。

 

 

 

 

 

治療法としては

 

 

「メラニンを早く排出するためのケミカルピーリング」

 

 

「ビタミンCイオン導入」

 

 

「ビタミンA・Cの超音波導入」

 

 

「美白成分のエレクトロポレーション」

 

 

「ビタミン外用やハイドロキノンの外用」

 

 

などがあります。

 

 

 

 

 

 

 

次回はレーザー治療について

 

 

 

詳しくお伝えします。

 

 

 

 

*********************************************
Koharu(こはる) はり灸 整骨院

鍼灸師・柔道整復師

院長 清水 芳幸(しみず よしゆき)

〒546-0033   大阪市東住吉区南田辺1-3-13-1F

TEL&FAX  06-7505-7435

E-mail  info@koharu-jp.com

URL http://koharu-jp.com/
**********************************************

 

 

 

記事一覧へ