院内コラム

院内コラム

マスク着用で増える肌トラブルとは!?

 

 

10月に入り随分過ごしやすくなりましたね。

 

 

 

しかし、この季節は『肌のトラブルが増える…』

 

 

 

 

と言う人も多いようです。

 

 

 

更に、今年は新型コロナウイルスの影響で

 

 

 

マスクの着用による肌トラブルに悩まされている人が

 

 

 

増えているようです。

 

 

 

 

 

これからやってくる乾燥した冬を前に

 

 

 

今のうちから適切なケアで対策しておきましょう。

 

 

 

 

 

 

《秋の肌トラブルの原因は?》

 

 

 

秋の肌トラブルの原因は

 

*夏に浴びた紫外線

 

 

*乾燥

 

 

*花粉症

 

 

 

と言った事が挙げられます。

 

 

 

 

しかし今年はいつもと違う悩みを

 

 

約3人に1人の方が抱えているようです。

 

 

 

どのような肌悩みを抱えているのかと言うと・・・

 

 

 

 

*マスクによる肌荒れやニキビ、吹き出物

 

 

*マスクの影響で、ニキビがなかなか治らない

 

 

*マスクを着けている時間が長いので痒くなる

 

 

*肌荒れが頻繁(に起こるようになった

 

 

*マスクをしだして痒くてヒリヒリするようになった

 

 

 

 

と言った悩みがあるようです。

 

 

 

 

このように、マスクの着用によって

 

 

 

例年とは異なる症状に悩んでいる人が

 

 

 

増えているんですね。

 

 

 

 

 

《マスクによる肌トラブルの理由》

 

 

では、どうしてマスクによる肌荒れが

 

 

 

起きるのでしょうか?

 

 

 

 

皮膚表面の角質層は厚さ〇・〇二ミリで

 

 

 

汗と皮脂が混ざった膜があり、

 

 

 

外的な刺激から守る役目を果たしています。

 

 

 

 

 

 

 

更に皮膚には常在菌があり、そのバランスが

 

 

 

崩れると肌トラブルを起こしてしまいます。

 

 

 

 

バランスが崩れる原因は

 

 

マスク内部の温度、湿度が上がることで

 

 

 

汗や皮脂の分泌量が増え、

 

 

 

皮膚に常在する細菌が過剰に増加してしまうから。

 

 

 

 

 

また、皮脂が汗の出口をふさぎ、

 

 

 

あせもやニキビのような発疹が生じやすくなるんです。

 

 

 

 

 

 

コロナが流行りだしてマスクの着用時間が

 

 

 

長くなると発疹は悪化し、炎症を起こしやすくなる為、

 

 

 

 

『例年よりも肌トラブルを訴える人が増えている・・・』

 

 

 

と言う事なんです。

 

 

 

 

更にマスクで皮膚に刺激が与えられ

 

 

 

これが皮膚のバリアー機能低下にもなってしまう・・・

 

 

 

 

つまり、

 

 

 

*マスクによる摩擦

 

 

 

*蒸れによる常在菌のバランスの崩れ

 

 

 

 

これが角層にダメージを与え続け肌トラブルの原因となります。

 

 

 

 

 

これから空気が乾燥する秋を迎えますが

 

 

 

秋冬はマスクを外した時に

 

 

 

 

内部にこもった水分が蒸発する際に

 

 

 

 

肌の水分も一緒に蒸発するので

 

 

 

より肌が乾燥して肌荒れが重症化する可能性があります。

 

 

 

 

 

新型コロナウイルスの感染拡大で

 

 

 

マスクを着用しない訳にもいきませんよね。

 

 

 

 

 

そこで次回はマスクを着用する時に大切な事や

 

 

 

ケアについてお伝えしていきます。

 

 

 

 

記事一覧へ