院内コラム

院内コラム

血行を良くするケアと秋のスキンケア♪

前回から秋のスキンケアいついて

 

 

 

お伝えしていますが

 

 

 

 

今回は血行を良くするケアと

 

 

 

 

秋のスキンケアいついて詳しくお伝えしていきます。

 

 

 

 

 

 

 

《温冷ケア》

 

 

エステのメニューにもある

 

 

温かいスチームと冷たいスチームを

 

 

 

交互にあて、血行を促進して

 

 

 

肌に活力を与える「温冷ケア」

 

 

 

 

 

このケアは自宅でも簡単にできるんです。

 

 

 

 

 

 

 

まずタオルを水で濡らし、

 

 

 

電子レンジで1分ほど

 

 

 

加熱したホットタオルを作りましょう。

 

 

 

 

 

 

そのホットタオルを熱さに注意しながら

 

 

 

顔全体を覆うようにして、しばらく置きましょう。

 

 

 

 

 

 

次に冷蔵庫で冷やしておいた

 

 

 

シートマスクをのせて数分置きましょう。

 

 

 

 

 

これだけのケアで肌を活性化できるんです!

 

 

 

早速取り入れてみてはいかがでしょうか?

 

 

 

 

 

次に以前のコラムで

 

 

『秋の肌のお手入れが大切』

 

 

という事をお伝えしましたが

 

 

ここからは、もっと詳しくお伝えして行こうと思います。

 

 

 

 

 

 

 

《秋に実践してほしい“肌ケア”》

 

 

 

 

秋に実践してほしい“肌ケア”は肌の

 

 

 

「保湿機能」「バリア機能」

 

 

 

 

を正常な状態に戻すことになります。

 

 

 

 

 

 

そこで、まず確認してほしいのが

 

 

 

皮膚の一番上が

 

 

 

どのような状態になっているかということです。

 

 

 

 

 

肌の一番外側を“角質層”と言いますが

 

 

この“角質層”には

 

 

 

*肌の水分を保つ「保水機能」

 

 

*外的刺激から肌を守る「バリア機能」

 

 

が備わっています。

 

 

 

 

 

そして、このような皮膚機能を支えている

 

 

角質層の厚さはわずか0.02mmほどしかありません。

 

 

 

 

 

 

つまり、

 

『ヒリヒリとした日焼けを放置していた』

 

 

『紫外線による炎症やかゆみで肌をかきむしる』

 

 

 

 

 

といったことをするとりすると、

 

 

 

0.02mmほどしかない角質層は

 

 

 

ダメージを受けてしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

そこで秋にぜひ実践したい肌ケアが

 

 

 

①角質層のうるおいを保ちバリア機能を正常にする

 

 

 

②肌に対する刺激を少なくするということ。

 

 

 

 

 

ではまず

 

 

 

①角質層のうるおいを保ちバリア機能を正常にする方法とは・・・

 

 

 

 

 

 

 

<夏の洗顔法から、秋の洗顔法へ>

 

 

夏と同じような洗顔方法を続けると

 

 

 

必要以上に皮脂を取り除いてしまい

 

 

 

 

皮脂の持つ役割である

 

 

 

肌のバリア機能が低下してしまいます。

 

 

 

 

 

 

皮脂の働きは

 

 

 

*肌内部の水分蒸発を防ぐ

 

 

 

*乾燥や紫外線から肌を守る

 

 

 

 

 

といったものがありますが、

 

 

過剰に皮脂を洗い流すと

 

 

 

このような働きが悪くなり

 

 

 

肌はダメージを受けやすくなります。

 

 

 

さらに、秋の肌乾燥を防ぐためにも

 

 

化粧水だけでなく

 

 

乳液やクリームなどで油分を補うことも大切になります。

 

 

 

 

 

 

 

次に

 

②肌に対する刺激を少なくする

 

 

 

 

ということですが

 

 

 

詳しい事は次回のコラムでお伝えしますね♪

 

 

 

 

*********************************************
Koharu(こはる) はり灸 整骨院

鍼灸師・柔道整復師

院長 清水 芳幸(しみず よしゆき)

〒546-0033   大阪市東住吉区南田辺1-3-13-1F

TEL&FAX  06-7505-7435

E-mail  info@koharu-jp.com

URL http://koharu-jp.com/
**********************************************

 

記事一覧へ