院内コラム

院内コラム

自分でも出来る♪スキンケアマッサージ法!

 

前回のコラムでは、冬になる前の

 

 

 

スキンケアについてお伝えしてきましたが

 

 

 

⇒前回の記事の詳細はコチラで確認♪

 

 

 

 

 

 

今回はもう一つ、血行を良くする

 

 

 

マッサージ法についてお伝えしていきます。

 

 

 

 

 

 

 

《秋の肌は・・・・》

 

 

 

夏に紫外線を完全に防ぐことは難しいので

 

 

 

肌はどうしても紫外線でダメージを受けてしまいます。

 

 

 

 

 

 

また肌が新陳代謝で生まれ変わるのには

 

 

 

約1ヶ月と言う期間がかかります。

 

 

 

 

 

 

 

つまり秋は、8月に受けた

 

 

 

肌のダメージが表に現れて、

 

 

 

 

さらに秋になって空気が乾燥するので

 

 

 

肌のカサツキなどが気になってきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

この時期にいつも以上にスキンケアを

 

 

 

しっかり行うことが重要になってきます。

 

 

 

 

 

また、フェイスケアはしっかりしていても

 

 

 

『首』までケアをしている人は少ないのではないでしょうか?

 

 

 

 

 

 

実は首の印象は手と同じで

 

 

 

年齢が現れやすい部分でもあります。

 

 

 

 

 

つまり顔がきれいでも、首まわりが荒れていると

 

 

 

与える印象もマイナスになってしまいますので

 

 

 

首まで顔だと思ってケアをすることも大切になります。

 

 

 

 

 

 

《ホットタオルが効果的な理由》

 

 

ホットタオルを活用した肌の内側からのケアは

 

 

 

肌ダメージの改善だけでなく、

 

 

 

 

美白やリフトアップの効果もあります。

 

 

 

 

 

 

肌の奥には毛細血管が集まっています。

 

 

 

 

血管の役割は肌に栄養を届け

 

 

 

 

老廃物を流すことです。

 

 

 

 

 

 

 

つまり顔全体を温めることで

 

 

 

血行が良くなり、肌に栄養をしっかり

 

 

 

届けることができるようになります。

 

 

 

 

 

 

さらに肌の中のコラーゲンが刺激を受け

 

 

 

リフトアップ効果も期待でき

 

 

 

 

蒸気が角質を柔らかくしてくれるので

 

 

 

シミ・そばかすの改善にもつながると言われています。

 

 

 

 

 

 

 

《ホットタオルケアの方法》

 

 

 

①クレンジング

 

メイクをしている場合は、

 

 

いつもどおりにクレンジングをしましょう。

 

 

 

 

その後は

 

 

 

クレンジング剤を軽くティッシュでおさえるだけ。

 

 

 

 

 

 

この後、ホットタオルを乗せることで

 

 

 

毛穴が開いて汚れが落ちるため

 

 

 

洗顔フォームでのW洗顔は

 

 

 

しないのがおすすめですが

 

 

 

気になる方は、行っても構いません。

 

 

 

 

 

 

 

②ホットタオルを作る

 

 

 

フェイスタオルを濡らして軽く絞り、

 

 

 

500Wの電子レンジで1分ほど加熱します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

③ホットタオルケア

 

 

 

 

取り出したタオルを顎の下に持っていき、

 

 

 

蒸気を顔に当て

 

 

 

 

熱すぎない温度になったら、

 

 

 

 

ホットタオルを顔全体に当て、

 

 

 

両手の平で軽く押さえて1分ほどキープしましょう。

 

 

 

 

 

 

 

④保湿ケア

 

 

 

ホットタオルを外したら、いつも通りに

 

 

 

化粧水や乳液で保湿ケアを行いましょう。

 

 

 

 

これだけなんです。

 

 

 

 

 

とても簡単ですよね♪

 

 

 

寒くなる前に夏に受けたダメージをケアしていきましょう!

 

 

 

*********************************************
Koharu(こはる) はり灸 整骨院

鍼灸師・柔道整復師

院長 清水 芳幸(しみず よしゆき)

〒546-0033   大阪市東住吉区南田辺1-3-13-1F

TEL&FAX  06-7505-7435

E-mail  info@koharu-jp.com

URL http://koharu-jp.com/
**********************************************

 

記事一覧へ