院内コラム

院内コラム

肩凝り解消には肩甲骨のストレッチが効果的!!

 

前回のコラムではふくらはぎの

 

 

 

ストレッチについてお伝えしました。

 

 

 

 

下半身のストレッチもとても大切なのですが

 

 

 

今回は肩凝りに悩まされている人のために

 

 

 

 

肩凝りに効果的なストレッチを紹介していきます。

 

 

 

 

 

 

肩凝りを解消するには、まず姿勢を正すことが大切になります。

 

 

 

 

 

では悪い姿勢がどのように肩凝りにつながって行くのか・・・

 

 

 

 

◎猫背

 

 

 

 

例えば猫背の人は、顎が前に突き出し、

 

 

 

前のめりになり背中が丸まってしまうので

 

 

 

背中は張った状態になり、首の筋肉は硬直して

 

 

 

血行が悪くなります。

 

 

 

 

◎反り腰

 

 

反り腰の場合は、腰に負担が掛かり

 

 

 

さらに腰を支える骨盤にも負担がかかり、

 

 

 

骨盤のゆがみや股関節の痛みなどが生じやすくなります。

 

 

 

 

また、反り腰の場合は胸を張りすぎるため

 

 

 

肩甲骨は常に背骨に引き寄せられた状態なので

 

 

 

背中のこりや首の疲れになってしまいます。

 

 

 

 

 

このように自分の姿勢に目を向けることで

 

 

 

辛い肩こりを解消する事ができ肩こりの原因となる筋肉は、

 

 

 

肩甲骨につながっている事が分かりますね。

 

 

 

 

本来、肩甲骨は肋骨の上を

 

 

 

すべるように動くようにできていますが

 

 

 

 

長時間じっとして前傾姿勢を続けていると

 

 

 

 

肩甲骨が外側に広がったままで動かないため、

 

 

 

肩甲骨周辺の筋肉の血行が悪くなってしまします。

 

 

 

 

 

そのため肩甲骨の動きも悪くなり、こりかたまっていく

 

 

 

といった悪循環に陥ります。

 

 

 

 

特に、肩こりと深く関連している筋肉は深部にあるため、

 

 

 

マッサージでほぐすことができませんので

 

 

 

肩甲骨を動かすストレッチを行い

 

 

 

肩甲骨の動きを良くすることが、肩こり解消につながります。

 

 

 

 

 

そこで肩凝りに効果的なストレッチをお伝えしていきます。

 

 

 

《肩こり解消ストレッチ》

 

 

★肩甲骨ストレッチ ⑴

 

 

 

このストレッチでは、猫背や反り腰で

 

 

 

硬くなった胸の筋肉や肩甲骨周辺の筋肉に効果的です。

 

 

 

 

①座ったまま指先を肩につけ

 

 

 

両肘を胸の前で合わせ背中を開きます。

 

 

 

 

 

②息を吸いながら、両肘ゆっくりと

 

 

 

頭の横まで引き上げます。

 

 

 

 

③ゆっくりと息を吐きながら、胸を大きく開き

 

 

 

 

両肘を背中で合わせるようなイメージで、肘を下ろします。

 

 

 

 

このストレッチを10回目安に行いましょう。

 

 

 

 

 

 

 

★肩甲骨ストレッチ ⑵

 

 

 

①立っても座ってでも行えます。

 

 

 

手のひらは前にして片腕を上にあげ

 

 

 

窓の高いところをぞうきんで拭くイメージで

 

 

ぐーっと伸ばす

 

 

 

 

②腕は伸ばしたままで、ゆっくりと5秒かけ

 

 

 

遠くをぞうきんで拭くイメージで手を腰の高さまで下げていく。

 

 

 

 

この動作を左右5回ずつ行いましょう。

 

 

 

 

どちらのストレッチも短時間で簡単に

 

 

 

行えますので毎日続けて行ってみてくださいね。

 

 

 

記事一覧へ