院内コラム

院内コラム

暑くて眠れない!!そんな時はココを刺激してみよう!

 

早いもので8月も終わり9月になりましたね。

 

 

コロナの影響で例年とは違う夏となり更に温暖化の影響なのか・・・

 

 

 

毎年毎年最高気温の更新と共に暑さも激しさを増して

 

 

 

過ごしにくく寝苦しいと感じている人も多いのでは?

 

 

 

 

そこで、今回のコラムでは“快眠のために効果的なツボ”

 

 

 

をお伝えしていきます。

 

 

 

 

是非参考にしてくださいね。

 

 

 

 

 

《ツボを押すと快眠できる理由》

 

 

東洋医学では、人体には

 

 

*「気(生きるためのエネルギー)」

 

 

*「血(血液)」

 

 

 

 

の通り道である「経絡(けいらく)」が

 

 

 

張り巡らされていると考えられています。

 

 

 

 

「気」と言うのは“元気”やる気“”運気“と言った

 

 

 

言葉に使われていますね。

 

 

 

 

 

そして「ツボ」と言うのはこの経絡上にある

 

 

 

“気”の出入り口のことを言います。

 

 

 

 

ツボは身体の各臓器と深く関係していて

 

 

 

それぞれ対応したツボを押すことで、不調が緩和されます。

 

 

 

 

そこでせっかくツボを刺激するのであれば

 

 

 

快眠のツボ押しの効果を上げるポイントを知っておきましょう!

 

 

 

 

《効果的なツボの押し方》

 

①不眠緩和のためのツボ押しは

 

 

寝る30分~1時間前に行うのが理想的。

 

 

 

 

②ツボを刺激する時は照明を落とし

 

 

 

快適な室内温度の中で行いましょう。

 

 

 

 

テレビを見ながらのツボ押しや

 

 

 

過度な飲酒の後のツボ押しNGです。

 

 

 

 

③ツボの正確な場所探しを頑張ると

 

 

 

脳がリラックスできないので

 

 

 

軽く押して気持ちよい所なら大丈夫です。

 

 

 

 

 

④強く押すと効果的なようですが

 

 

 

強く押しすぎると脳がかえって覚醒してしまうので

 

 

 

気持ちいい程度の優しい押し方を心がけましょう。

 

 

 

 

⑤ツボを押す時は

 

 

 

*息を細く長く吐きながらツボを押す

 

 

 

*ゆっくり息を吸いながら圧迫をゆるめる。

 

 

 

このように約10回繰り返しましょう。

 

 

 

 

《睡眠に効果的なツボ》

 

★労宮(ろうきゅう)

 

精神に働きかける作用のあるツボで

 

 

緊張したときに手のひらに「人」という字を書いて

 

 

飲み込むというおまじないがありますよね。

 

 

 

これも労宮を刺激して心を静める・・・

 

 

と言った意味合いがあります。

 

 

 

 

場所は手を握ったときに中指が当たる所。

 

 

 

指先をツボに当てたら、人差し指の付け根に向かって

 

 

 

押し上げましょう。

 

 

 

 

現在コロナ対策で手洗いを行いますので

 

 

 

その時手を洗いながら刺激するのも良いですね。

 

 

 

 

★失眠(しつみん)

 

足の裏側でかかと中央の少しへこんだところにあります。

 

 

 

このツボは高ぶった神経を落ち着かせ

 

 

 

眠気を誘う効果がありますので

 

 

 

目がさえてなかなか眠れない夜などに試してみてください。

 

 

 

 

イスに座った状態で行う場合は

 

 

 

片手で足首を持ち、もう片方の手で握りこぶしを作り

 

 

 

このツボを10~20回程度、軽く叩きましょう。

 

 

 

 

★内関(ないかん)

 

内関(ないかん)は、自律神経のバランスを整え

 

 

穏やかな気分にさせてくれるのでスッと眠りに入る事ができます。

 

 

 

 

内関は手首を曲げた時にできる太い横ジワの中央から

 

 

ひじに向かって親指2本分ほどの所にあります。

 

 

 

親指で優しく垂直に押しましょう。

 

 

 

 

★百会(ひゃくえ)

 

百会(ひゃくえ)は、頭頂部の近くにあるツボで

 

 

「多くの経絡が会うところ」と言う意味があり

 

 

 

いくつもの経絡が交わっているツボなので

 

 

全身の気を補い、ストレスを解消してくれ質の良い睡眠がとれます。

 

 

 

 

百会は両耳をつなぐ直線と

 

 

眉間の中心線が交わるところにあり

 

 

頭頂部よりは、前の方にあるので注意しましょう。

 

 

 

 

気持ち良い程度の強さで、

 

 

小さい円を描くように刺激しましょう。

 

 

 

いかがでしたか?

 

 

 

暑い夜、眠れない時など試してみてくださいね♪

 

 

記事一覧へ