院内コラム

院内コラム

寝苦しい夜・・・快適な睡眠でコロナにも負けない身体を!!

 

相変わらず暑い日が続いていいますね・・・

 

 

 

夜も熱帯夜が続き寝苦しく

 

 

 

寝不足気味の人もいるのではないでしょうか?

 

 

 

 

睡眠がきちんと取れていないと次の日に影響が出たり

 

 

 

この暑さを乗り切る体力も無くなりますね。

 

 

 

 

そこで今回は快適な睡眠をとる方法を

 

 

 

紹介していきます。

 

 

 

 

《夏の睡眠》

 

 

 

睡眠中は、

 

 

*深い眠りを含む「ノンレム睡眠」

 

 

*脳を整理して体をゆるめる「レム睡眠」

 

 

 

これを繰り返しながら朝目覚めます。

 

 

 

 

しかし寝苦しい夏は、暑さで目が覚めやすいだけでなく

 

 

 

本来なら前半に起こる「深いノンレム睡眠」が出にくく

 

 

 

眠りが浅くなってしまいます。

 

 

 

 

さらに「レム睡眠」も少なくなり、体も脳も十分な休息が

 

 

 

取れていない・・・となってしまいます。

 

 

 

 

このように夜間の睡眠がうまく取れないと

 

 

*早く起き過ぎてしまう

 

 

*目覚めの時間で睡眠不足

 

 

といったことが原因で

 

 

 

日中のパフォーマンスが下がるなど

 

 

 

体内リズムに影響が出てしまいます。

 

 

 

 

さらに睡眠不足になると、体温維持能力が低下するため

 

 

 

熱中症の要因となることもわかっています。

 

 

 

 

では寝苦しい夏の夜、快適に目覚めるには

 

 

 

どうしたらいいでしょうか?

 

 

 

 

 

《快適に目覚めるには》

 

 

 

★就寝中の冷房

 

 

就寝中に冷房をかけると、体に悪影響がある

 

 

 

と思っていませんか?

 

 

 

確かに室温が低くなりすぎると、体温が下がり

 

 

 

体温が下がる事で免疫力が下がってしまい

 

 

 

風邪を引きやすくなることは事実です。

 

 

 

 

だからといって冷房を使わず眠ろうとすると

 

 

*なかなか寝付けず睡眠時間が足りなくなる

 

 

*深夜に寝汗やのどの渇きで起きてしまう

 

 

 

 

といったことも起きてしまいます。

 

 

 

 

このような事を考えると睡眠不足から

 

 

 

体力や集中力が低下してしまうので

 

 

 

冷房を使うことは健康管理にとても重要と言えます。

 

 

 

 

そこで冷房を付けて快適な睡眠を

 

 

 

取るために重要な事とは・・・

 

 

 

①室温は少し涼しめ

 

 

冷房の設定温度は28度・・・と言われていますが

 

 

 

最近ではこの温度は人にとって過ごしづらいものに

 

 

 

なっているようです。

 

 

 

 

夏の夜、快適な睡眠には、少し涼しめの室温で

 

 

 

25度から26度程度が心地よい涼しさを感じると言われています。

 

 

 

 

また涼しめに室温を設定する利点として

 

 

 

人間が深い眠りにつくためには、

 

 

 

深部体温が低くなることが必要なので

 

 

 

 

室温が涼しいと深部体温も低くなりやすく

 

 

 

眠りが深くなる、と言った事があります。

 

 

 

 

②冷房は付けっぱなし

 

 

最近テレビでも話題になるようですが

 

 

 

冷房をつけっぱなしにすると体に悪いのでは・・・

 

 

 

と言う事。

 

 

 

 

 

しかし、タイマーをかけておいて

 

 

 

冷房が切れたら室温と湿度によって汗をかき

 

 

 

気持ち悪さで起きてしまう人もいますし、

 

 

 

汗が蒸発すると体が冷えて風邪の原因になったりも・・・

 

 

 

 

夏場に快適に睡眠を取るためには、

 

 

 

風が直接当たらないように気を付ければ

 

 

 

 

むしろ冷房はつけっぱなしにすることを

 

 

 

おすすめします。

 

 

 

 

冷房をつけっぱなしだと体調がすぐれない・・

 

 

 

と言う人は体調に気をつけながら

 

 

 

上手に冷房を使っていくことも大切になります。

 

 

 

 

次回も快適な睡眠についてお伝えしていきます。

 

 

記事一覧へ