院内コラム

院内コラム

コロナに負けない!不安やストレス解消に効果的なツボは!?

 

早いもので6月になりましたね。

 

 

 

 

コロナも緊急事態宣言も解除されましたが

 

 

まだまだ油断できない状況で

 

 

不安やストレスを抱えている人も

 

 

少なくないのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

そこで今回はストレスに効果的なツボを

 

 

 

紹介していきたいと思います。

 

 

 

 

《ストレスはなぜおきる?》

 

 

 

ストレスとは、

 

 

*神的な緊張や心労・苦痛

 

 

*暑さ・寒さ

 

 

*外傷

 

 

 

など心や体にかかる外部からの刺激によって生じる

 

 

 

さまざまな反応のことを言います。

 

 

 

 

今まさにストレスを感じやすい状況にありますね。

 

 

 

 

 

このようなストレスが続くと、

 

 

*意欲の低下

 

 

*疲労や不眠

 

 

*記憶力の低下

 

 

 

など心や体に影響を及ぼし、行動や態度などにも表れます。

 

 

 

 

さらにストレスをためすぎると、

 

 

自律神経の働きが乱れ、

 

 

 

うつや神経症などの心の病気になる場合もあるので

 

 

 

こまめに緊張を解き、

 

 

 

リラックスする時間を持つようにしましょう。

 

 

 

 

 

《ストレスの経過》

 

 

ストレスの経過には3つの段階があります。

 

 

 

①警告反応期

 

*身体がだるい

 

 

*熱っぽい

 

 

*頭がボーットして重い

 

 

*眠い

 

 

 

と言った症状が現れ

 

 

身体が危険信号を発する時期になります。

 

 

 

 

②抵抗期

 

 

 

自分に「たいしたことない」と思わせるために

 

 

 

色々な理由を見つけて、自分を安心させる時期で

 

 

一見安定しているように見えます。

 

 

 

そのうちに、いったん警告反応期の

 

 

症状がとれてしまうのですが

 

 

 

このとれた時期というのが、実は、

 

 

 

身体がバランスを保とうと

 

 

 

必死に闘っている時期になります。

 

 

 

③疲弊期

 

 

警告反応期で自覚すれば良いのですが

 

 

そのまま同じ生活を続けると

 

 

疲弊期に移行してしまいます。

 

 

 

・自分の力ではどうにもならなくなる。

 

 

・集中力がなくなる。

 

 

・やる気が起きなくなる。

 

 

・ストレス性潰瘍・心身症・鬱病になる。

 

 

と言った状態になってしまいます。

 

 

 

 

《ストレスと鍼灸治療》

 

 

そこでおススメなのがツボを刺激することですが

 

 

 

このようなストレスによる諸症状に

 

 

 

針灸治療はよい効果が認められています。

 

 

 

 

諸症状を改善するだけではなく、

 

 

 

ストレスの予防にも役立ちます。

 

 

 

 

ストレスで体調が崩れる前に治療を行うことで

 

 

予防ができますし

 

 

 

針灸治療を受けた多くの患者様が

 

 

 

症状の軽減と、とても心地よい気分を

 

 

 

体感して頂いています。

 

 

 

つまりストレスの緩和に

 

 

 

適した治療法の一つといえます。

 

 

 

 

できれば来院して頂き、的確なツボを刺激するのが

 

 

一番なのですが

 

 

ここでは来院できない方のために

 

 

自分でも行えるツボをお伝えしていきます。

 

 

 

 

《ストレスに効果的なツボ》

 

 

◎神門(しんもん)

 

 

手のひら側で手首の横ジワの小指側の

 

 

少しくぼんだ場所にあります。

 

 

 

親指をツボにあて、残りの指で手首をつかみ

 

 

気持ちいい程度の強さで30回程度押しましょう。

 

 

 

左右のツボを刺激しましょう。

 

 

 

 

◎合谷(ごうこく)

 

「合谷」のツボを刺激すると

 

 

*気持ちが落ち着く

 

*徐々に平常心を取り戻せる

 

*乱れた自律神経の機能を正常に戻す

 

 

と言った効果があります。

 

 

 

場所は手の甲側で親指と人さし指の

 

 

 

骨の分かれ目のやや人さし指側にあります。

 

 

 

 

親指をあて、気持ちいいと感じる強さで

 

 

 

両手それぞれ約30回程度、揉みましょう。

 

 

 

 

 

 

《ストレスにより心が疲れた時に効果的なツボ》

 

 

◎内関(ないかん)

 

手のひら側の手首のしわの中央から

 

 

 

肘に向かって指幅三本分のところにあります。

 

 

 

 

親指やボールペンなどで20回くらい

 

 

ゆっくり押しましょう。

 

 

 

◎労宮(ろうきゅう)

 

手のひらの中央にあり

 

 

こぶしを握ったときに中指と薬指の

 

 

 

先端の間にあります。

 

 

 

 

ゴルフボールを両手で挟んで解すのもおススメです。

 

 

 

 

この他にも頭などにもツボがありますが

 

 

自分で刺激するのも疲れますよね^^;

 

 

 

 

そんな時は是非お越しください。

 

 

 

これから先の見えないコロナとの生活が

 

 

続きます。

 

 

 

ストレスも軽いうちに対処して

 

 

元気に過ごしましょう!!

 

 

記事一覧へ