院内コラム

院内コラム

季節の変わり目は体調を崩す人が多くなる?その原因は?

 

 

早いもので3月になりましたね。 

 

 

 

 

 

 

3月といえば 

 

 

 

 

*新しい環境に変わる時期 

 

 

 

*季節の変わり目 

 

 

 

 

になりますね。 

 

 

 

 

そこで今回からは 

 

 

 

 

このようなときに体調を崩さないために 

 

 

 

 

気を付けることなどお伝えしていきます。 

 

 

 

 

 

この季節は 

 

 

*人事異動や昇進 

 

 

 

*年度末ならではの忙しさ

 

 

 

*気温の寒暖差 

 

 

 

 

といったことが原因で 

 

 

 

自律神経のバランスが崩れることが あります。 

 

 

 

 

 

自律神経には、 

 

 

 

★交感神経 

 

 

・昼間や活動時に働く 

 

 

 

 

★副交感神経 

 

 

・夜間やリラックスしているときに働く 

 

 

 

 

 

この2種類があります。 

 

 

 

 

 

この2つの神経がうまく働くことで 

 

 

 

体調のバランスを保つことができます。 

 

 

 

 

 

 

しかし、季節の変わり目は 

 

 

 

下記のようなことが原因で 

 

 

 

 

 

神経のバランスが崩れてしまい 

 

 

 

体調不良を起こしやすくなります。
 

 

 

 

【寒暖差】

 

身体が寒暖差に対応するため、 

 

 

 

交感神経が活発に働くので 

 

 

 

多くのエネルギーが消耗され 

 

 

 

”疲れやだるさ”を感じやすくなります。

 

 

 

 

 

【気圧の変化】

 

 

低気圧と高気圧の入れ替わりが激しいので 

 

 

 

自律神経の切り替えがうまくいかなくなります。 

 

 

 

 

 

そのため低気圧の影響を受けると 

 

 

 

 

血液中の酸素濃度が下がり、 

 

 

 

 

日中に眠気を感じたり 

 

 

 

 

体のだるさを感じやすくなります。
 

 

 

 


【日照時間の変化】

 

 

春は日照時間が長くなるため、 

 

 

 

*朝早く目が覚めたる 

 

 

*夜更かしをする 

 

 

 

 

といったことで 

 

 

 

 

生活リズムが崩れやすくなります。

 

 

 

 

【生活環境の変化】

 

 

*卒業や進学 

 

 

*就職や転勤 

 

 

 

といった自分自身や家族の生活が 

 

 

 

大きく変化する季節でもありますので 

 

 

 

緊張感やストレスを感じ 

 

 

 

自律神経のバランスが乱れやすくなります。 

 

 

 

 

 

【その他 】



冬のからだは 寒さから身体を守るために、 

 

 

 

筋肉などが収縮し、 関節も固くなっています。 

 

 

 

 

そんな身体は春になると 

 

 

 

筋肉は弛み、関節の緊張はほぐれ 

 

 

 

春を迎えるための準備が始まるとか・・・ 

 

 

 

 

その流れが上手くいかないと 

 

「肩こり」 

 

「冷え性」 

 

「腰痛」 

 

「花粉症」 

 

「肌トラブル」 

 

 

 

といった症状が出てしまいます。 

 

 

 

 

昔から 

 

 

 

*季節の変わり目には体調を崩しやすい 

 

 

 

*雨が降る前は頭痛がする 

 

 

 

といった気象の変化によって 体調が崩れる・・・

 

 

といった人の話を 多く聞きますね。 

 

 

 

 

今ではこのよう病気のことを 

 

 

 

「気象病」と呼んでいるようです。 

 

 

 

 

 

さらに『うつや不安』といった 

 

 

 

気分障害が出てしまう人も最近では 

 

 

 

多くなっているようです。 

 

 

 

 

 

その原因として考えられるのが 

 

 

 

空調が完備された環境で暮らしていることで 

 

 

 

*暑さを感じることが少ない 

 

 

*寒さを感じることが少ない 

 

 

 

と言ったことで 

 

 

 

自律神経が整いにくくなっているからなんです。 

 

 

 

 

 

 

もともと人間は、 

 

 

 

 

ある程度の外部環境ストレスには 

 

 

 

 

耐えられるようになっているのですが 

 

 

 

 

 

 

このような環境で暮らすことで 

 

 

 

 

気圧の影響についていけない 体になってしまっています。 

 

 

 

 

つまり自律神経を正常に機能させるには 

 

 

 

暑い場所では汗をかくことが必要・・・ 

 

 

 

といったように季節に合わせた生活をすることが

 

 

 

大切といえます。

 

 

 

 

 

では自分でできる事は無いのでしょうか? 

 

 

 

 

 

 

次回は自律神経を崩さないために 

 

 

 

自分で出来る事をお伝えしていきます。 

 

 

 

記事一覧へ