院内コラム

院内コラム

正しい手洗いはコレ!!毎日実践して習慣に!

 

寒さが厳しくなってきましたが

 

 

 

皆さん体調はいかがでしょうか? 

 

 

 

 

 

 

前回のコラムでは手洗いの重要性に 

 

 

 

ついてお伝えしてきました。 

 

 

 

 

 

今回は正しい手洗いの仕方を 

 

 

 

 

詳しくお伝えしていきますね。 

 

 

 

 

 

 

《正しい手の洗い方》 

 

 

石けんを使い、 

 

 

*指先 

 

 

*手の甲 

 

 

*親指 

 

 

*指の間 

 

 

 

 

と、洗い残しがないように、しっかりと 

 

 

 

時間をかけて洗いましょう。 

 

 

 

 

 

 

★手洗いの順序★ 

 

 

 

①石鹸をつけて手のひらをこすります。 

 

 

 

 

②手の甲もこすりましょう。 

 

 

 

 

③指先や爪の間は 片方の手のひらに指を立てて 

 

 

 

洗いましょう。 

 

 

④指を交差させて指の間も丁寧に 洗いましょう。 

 

 

 

 

⑤親指はひねって洗いましょう。 

 

 

 

 

⑥最後は手首を洗いましょう。 

 

 

 

 

 

 

ここまでの手洗いは「約20秒」です。 

 

 

 

 

洗い終わったら、流水でしっかりすすぎ、 

 

 

 

 

清潔なタオルでふき取りましょう。 

 

 

 

 

 

 

おそらくここまで丁寧に洗っている方は 

 

 

 

 

少ないのではないでしょうか。 

 

 

 

 

 

 

 

洗い残しの部分は 

 

 

*指先 

 

 

*指の間 

 

 

*親指 

 

 

 

が殆どのようです。 

 

 

 

 

 

 

この機会に正しい手洗いの方法を 

 

 

 

身に着けて感染症から身を守っていきましょう。 

 

 

 

 

 

 

 

手洗いで一番大切なのは、 

 

 

 

できるかぎり頻繁に行うことですが 

 

 

 

 

 

外出しているときなど 

 

 

 

手を洗いたくても水道や石鹸の 

 

 

 

ないところではどうすればいいのでしょうか。 

 

 

 

 

 

 

 

そこで役に立つのが 

 

 

 

 

『アルコール消毒』になります。 

 

 

 

 

水もタオルも必要なく、 

 

 

 

アルコールをすり込むだけでいいので 

 

 

 

水道や石けんが身近にない場合に 

 

 

 

とても便利です。 

 

 

 

 

 

ウイルスやバイ菌は、 

 

*電車の中 

 

 

*帰宅時の玄関 

 

 

*会社の入り口 

 

 

 

など、どこに潜んでいるか分かりませんよね。 

 

 

 

 

 

 

現在コロナウイルスの情報が 

 

 

 

毎日のように流れていますが 

 

 

 

 

 

一番大切なのは手洗い・・・ 

 

 

 

と言われています。 

 

 

 

 

 

 

特に小さな子供さんや寒いときの冷水は 

 

 

 

手洗いがおっくうになりますね。 

 

 

 

 

しかしアルコール消毒なら 

 

 

 

簡単に使うことができますよね。 

 

 

 

 

 

有効成分が80%濃度のアルコールなので 

 

 

 

ウイルスや細菌に対してすばやく効果が 

 

 

 

発揮されます。 

 

 

 

 

 

 

毎日の手洗い習慣も大切ですが 

 

 

 

普段の生活に上手に取り入れると 

 

 

 

とても便利で重宝するはずです。
 

 

 

 

 

 

 

皮膚刺激も少なく、手あれもありません。

 

 

 

 

 

自宅に帰って消毒する場合は

 

 

 

玄関のそとに置いておくと

 

 

 

 

 

 

自宅に入る前に殺菌できますので

 

 

 

おすすめです。

 

 

 

 

 

 

慌てて上がり手を洗っても

 

 

 

ドアノブには菌がついてしまいますので・・・

 

 

 

 

 

 

 

では次回はマスクについて

 

 

 

お伝えいていきますね。 

 

 

 

 

 

記事一覧へ