院内コラム

院内コラム

感染症対策には正しい手洗いが一番大切!!

 

早いもので、もう2月になりましたね。

 

 

 

最近気になるのが“コロナウイルス”では

 

 

 

ないでしょうか?

 

 

 

 

テレビではいろいろな情報が流れ

 

 

 

不安も大きくなってしまいますね。

 

 

 

 

 

しかし、何かと言われているのが

 

 

“手洗いの重要性”

 

 

 

今回は今気になる”感染症対策の一つ”である

 

 

 

正しい手洗いについて

 

 

 

お伝えしていきたいと思います。

 

 

 

 

 

《正しい手洗いとは?》

 

 

 

毎日気を付けているつもりでも

 

 

 

毎年なぜか風邪やインフルエンザに

 

 

 

感染してしまう・・・と言う人も

 

 

 

多いのではないでしょうか?

 

 

 

 

もしかしたら、普段の対策方の一つでもある

 

 

 

手洗いの仕方が間違っているのかも知れません。

 

 

 

 

 

では感染対策にどうして手洗いが

 

 

 

大切なのでしょうか?

 

 

 

 

それは、風邪やインフルエンザと言った

 

 

 

感染症の多くは、

 

 

 

 

 

“手”を介して体内に侵入することが

 

 

 

多いと言われているからなんです。

 

 

 

 

 

テレビ番組などでも伝えられている事ですが

 

 

 

例えば、

 

 

風邪やインフルエンザが流行っている時は

 

 

 

 

ドアノブや電車のつり革など、

 

 

 

 

色々な所にウイルスが付いています。

 

 

 

ウイルスが見えればいいのですが

 

 

 

ウイルスは目に見えないので、

 

 

 

 

 

未然に手にウイルスが付着することを

 

 

防ぐことは難しいと言えますよね。

 

 

 

 

つまり、そういった場所を

 

 

 

つい触ってしまい

 

 

 

 

自分の眼や鼻、口を触ることで

 

 

 

 

ウイルスが体内に侵入してしまいます。

 

 

 

 

 

そこで色々な感染症から身を守るには、

 

 

 

「手洗い」がとても大切になるのです。

 

 

 

 

 

では皆さんはどんな時に手を洗いますか?

 

 

 

 

『帰宅時や食事前だけ行えばよい』

 

 

 

 

と思っている人が多いのでは・・・。

 

 

 

しかし、最近のように感染症が

 

 

 

流行っている時は

 

 

 

*電車のつり革

 

 

*共有のパソコン

 

 

*トイレのドア

 

 

など、

 

 

不特定多数の人が触るようなものに

 

 

 

触れた後にも行うことが大切になります。

 

 

 

 

 

神経質なように感じられますが

 

 

 

 

このような感染予防のためには、

 

 

 

 

頻繁に手洗いを行うことが

 

 

 

一番大切と言えます。

 

 

 

 

 

 

また、ここで気を付けたいのが

 

 

 

”間違った手洗い”をしているのではないか・・・

 

 

 

と言う事になります。

 

 

 

 

 

そこで、ここからは

 

間違った手洗いの仕方について

 

 

お伝えしていきます。

 

 

 

 

自分の手の洗い方を思い出しながら

 

 

 

比べてみてくださいね。

 

 

 

《間違った手洗いとは?》

 

 

①水でサッと濡らすだけで終わってしまう

 

 

 

 

②石鹸を使っていても洗う時間が短い

 

 

 

 

③冷たい水が嫌だからといって、熱いお湯で洗う

 

 

 

 

④家族で共有のタオルを使っている

 

 

 

 

などなど・・・

 

 

 

 

いかがですか?

 

 

 

①に関しては

 

 

 

水やお湯でサッと流すだけでは、

 

 

 

細菌やウイルスは落ちません。

 

 

 

 

更に②に関しても、いくら石けんを使って

 

 

 

洗っていたとしても

 

 

 

石けん自体には消毒効果はありませんので

 

 

 

 

しっかりと時間をかけて、洗い残した部分が

 

 

 

ない位丁寧に洗わないと効果は発揮されません。

 

 

 

③に関しては

 

 

手荒れのコラムでも触れましたが

 

 

熱いお湯で洗うと、皮膚の油分が奪われ

 

 

 

手荒れの原因となり

 

 

 

荒れた皮膚は、細菌が増殖しやすいと

 

 

 

言われています。

 

 

 

 

 

また④に関しては

 

 

 

きちんと手を洗っていても、同じタオルを使うと

 

 

 

 

タオルが湿って細菌が増殖し、

 

 

 

再び手についてしまいます。

 

 

 

 

このように、普段の手洗いでも

 

 

 

 

間違った方法で行っている人も

 

 

 

 

いるかと思います。

 

 

 

 

是非この機会に、正しい手洗い習慣を

 

 

 

身に付け感染から身を守りましょう。

 

記事一覧へ