院内コラム

院内コラム

乾燥時期は手荒れに気を付ける為のおすすめポイント!

これまで、フェイスケアについて

 

 

 

主に伝えてきましたが

 

 

 

 

今回は、これからの季節、悩む人が

 

 

 

 

増えてくる手荒れについてお伝えしていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

顔の肌トラブルに関しては、

 

 

 

 

皆さん若いうちから気にして、

 

 

 

 

いろいろなケアをされている人が多いかと思います。

 

 

 

 

 

 

 

しかし、手に関しては若いうちから

 

 

 

ケアをしている人は少ないのではないでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

手に関して気になりだすのは

 

 

 

 

顔の10年から15年後・・・

 

 

 

 

といった人が多いとか・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし関心を持たずにいるこの間も、

 

 

 

 

 

手は少しずつ潤いを失って

 

 

 

 

 

 

乾燥して手が荒れてしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こうなると治療は大変になりますので

 

 

 

 

 

早い段階からの予防とケアが大切になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

《手荒れの原因》

 

 

まず初めに手荒れの原因ですが

 

 

 

これは顔と同じで手の皮膚の最も外側には

 

 

 

角質層があり、脂質や天然保湿因子などで

 

 

 

水分を保ち、皮膚の潤いを保っています。

 

 

 

 

 

 

 

しかし、手を洗ったり水仕事をすることで

 

 

 

 

皮脂が奪われ刺激を

 

 

 

 

受けやすい状態になってしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

更に冬は気温が下がり、

 

 

空気も乾燥するため皮脂の分泌も少なくなります。

 

 

 

 

その上、汗をかかないので肌表面に

 

 

 

水分が補われないためバリア機能が低下し

 

 

 

刺激を受けやすい態になってしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

《手荒れを招く2大要素》

 

 

これは大きく分けると

 

 

「物理的刺激」と「化学的刺激」になります。

 

 

 

 

 

※物理的刺激

 

 

 

指先に負担の来る仕事をしている人・・・

 

 

 

例えば、パソコンを良く使う仕事

 

 

 

 

銀行員、段ボールを扱う配送員

 

 

 

といった人に多くみられます。

 

 

 

 

 

 

 

※化学的刺激

 

 

洗剤やシャンプーなどを良く使う人

 

 

 

例えば美容師、飲食店員、

 

 

 

 

といった人に多くみられます。

 

 

 

 

 

 

 

 

このような要素が手に刺激を与え、

 

 

 

長時間接触していると

 

 

 

 

肌のバリア機能が低下し

 

 

 

 

手荒れの原因になってしまいます。

 

 

 

 

 

 

そのほかに、小児期に

 

 

 

 

アトピー性皮膚炎を発症した人は

 

 

 

 

皮膚が刺激に弱いため、

 

 

 

 

手荒れになる確率が高くなるようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

また個人差はありますが、女性の場合

 

 

 

*一人暮らしを始めて家事をする様になった

 

 

*結婚して家事を行う頻度が増えた

 

 

 

と言う人に多くみられるようです。

 

 

 

 

 

最近では“主婦湿疹”という言葉を

 

 

良く耳にする様になりましたが

 

 

 

 

これも、家事をする機会が増える

 

 

 

主婦の多くの人が手湿疹に悩んでいる

 

 

 

という背景があるからと言われています。

 

 

 

 

 

 

 

では、手荒れを防ぐには

 

 

 

どうしたら良いのでしょうか?

 

 

 

 

 

次回はその点についてお伝えしていきます。

 

 

 

*********************************************
Koharu(こはる) はり灸 整骨院

鍼灸師・柔道整復師

院長 清水 芳幸(しみず よしゆき)

〒546-0033   大阪市東住吉区南田辺1-3-13-1F

TEL&FAX  06-7505-7435

E-mail  info@koharu-jp.com

URL http://koharu-jp.com/
**********************************************

 

 

 

記事一覧へ