院内コラム

院内コラム

年末年始の胃腸を整えるツボを紹介!!

 

 

 

今年も残り僅かとなってきましたね。

 

 

 

例年と違う年末年始・・・・

 

 

 

本当に今年1年今まで当たり前、と思っていたことが

 

 

 

当たり前では無くなり、生活様式も大きく変わってしまいましたね。

 

 

 

 

まさか自分が生きている間にこんな世の中が来るとは

 

 

 

夢にも思っていませんでした。

 

 

 

 

 

しかし、明日は何が起こるか分からない・・・

 

 

 

 

毎日を大切に生きていかなければならないと

 

 

 

 

強く実感した1年でもありました。

 

 

 

 

 

さて今回のコラムは今年最後のコラムとなります。

 

 

 

 

今年はコロナに関するコラムも沢山書かせていただきました。

 

 

 

 

 

未だ収束の見えないコロナウイルス・・・

 

 

 

 

変異したウイルスも見つかり不安も大きくなりましたね。

 

 

 

 

 

お役に立てる情報もあるかと思いますので

 

 

 

読み返して頂くとお役に立てるかと思います。

 

 

 

 

 

 

 

では、今年最後のコラムの内容は

 

 

 

 

年末年始、自宅で過ごし家族だけの忘年会・新年会を

 

 

 

 

行われる方も多いかと思います。

 

 

 

 

 

普段よりも多くのアルコールを飲まれる方も

 

 

 

多いのではないでしょうか?

 

 

 

 

そこで、食べすぎ・飲みすぎに効果的なツボを

 

 

 

お伝えしていきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

《食べすぎ・飲みすぎに効果的なツボ》

 

 

食べ過ぎによる不調は、自律神経の

 

 

 

 

調子に深く関係するようなので、これらのツボを

 

 

 

日ごろから意識してケアしておく事をお勧めします。

 

 

 

 

 

 

 

◎食欲を抑えたいとき

 

 

 

★胃腸点

 

 

 

中指を内側に曲げたとき、指先が接するところから

 

 

 

手首との中間点にあります。

 

 

 

親指でゆっくりと押して揉みましょう。

 

 

 

 

 

 

 

◎食べ過ぎを予防するツボ

 

 

 

★関元(かんげん)

 

 

関元とは元気の出入り口を表し

 

 

 

自律神経のバランスを整え、

 

 

 

 

胃腸炎、過敏性腸症候群などにも効果的です。

 

 

 

 

 

ツボの位置はおへそからまっすぐ、

 

 

 

 

指の幅三本分ほど下がったところにあります。

 

 

 

 

両手を重ねて、中指でお腹の脂肪がへこむように

 

 

 

軽く、5~10秒押しましょう。

 

 

 

 

これを3~10回ほど繰り返します。

 

 

 

 

 

 

◎消化を助けるツボ

 

 

 

★中脘(ちゅうかん)

 

 

中脘とは「胃の中央」を表し

 

 

 

胃もたれ・お腹がふくれた感じ・下痢

 

 

 

胸やけ・げっぷなど消化器系に作用する万能のツボです。

 

 

 

 

 

ツボはおへそから自分の親指の幅4本分上で

 

 

 

おへそとみぞおちの中間あたりにあります。

 

 

 

 

 

両手を重ねて、息を吐きながら中指で軽く押しましょう。

 

 

 

5~10秒間の刺激を4~5回行いましょう。

 

 

 

 

次に、中かんからおへそまで、3回ほど

 

 

 

ゆっくり押しながら移動させましょう。

 

 

 

 

 

 

 

◎胃もたれ、胃のむかむかを和らげるツボ

 

 

 

★足三里(あしさんり)

 

 

 

足にあるツボなので関係無いようですが

 

 

 

胃の不調全般、腹痛、下痢、吐き気と、

 

 

 

胃からお腹の調子を整えるときの特効的なツボになります。

 

 

 

 

ツボはひざのお皿の下の外側にあるくぼみから、

 

 

 

指の幅4本分を下がったところにあります。

 

 

 

 

5~10秒間の刺激を4~5回行いましょう。

 

 

 

 

========================

 

それでは、最後になりましたが今年1年大変お世話になりました。

 

 

 

来年はコロナが収束していつもの日常が戻る事を

 

 

 

祈りたいと思います。

 

 

 

 

 

皆様も身体に気を付けて良い年をお迎えください。

 

 

記事一覧へ