院内コラム

院内コラム

梅雨の体調不良にはこんな対策を!!

 

6月も今日で終わりですね。

 

 

 

全国的に雨ばかりで気分が優れない人も

 

 

 

多いのではないでしょうか。

 

 

 

 

前回のコラムでは”梅雨時期の健康管理”について

 

 

お伝えしましたが

 

 

 

 

今回のコラムでは

 

 

『天候や気圧の変動による体調不良対策』

 

 

 

についてお伝えしいきます。

 

 

 

 

《体調不良対策》

 

 

体調不良を避けるには

 

 

*自律神経のバランスを整えること

 

 

*きちんと心身を休めること

 

 

 

が重要になります。

 

 

 

そのためには、

 

 

『規則正しい生活』

 

 

『ストレスを溜め込まないようにする』

 

 

 

といった事を心掛ける事が大切になりますが

 

 

 

ここからは、梅雨の時期を健康に過ごすための

 

 

ポイントをいくつか紹介していきます。

 

 

 

 

【朝の時間】

 

自律神経のバランスが乱れる原因として

 

 

*昼夜逆転の生活

 

 

*空調を過度に利かせた環境

 

 

 

といったことが挙げられます。

 

 

 

寒暖差に対処できる体にするには

 

 

生活リズムを整えることがポイントになります。

 

 

 

そこで、おススメなのが梅雨時は

 

 

朝の時間のリズムを切り替えてみること・・・。

 

 

 

いつもよりも10~15分早めに起き

 

 

*好きなテレビ番組を見る

 

 

*しっかり朝食を食べる

 

 

 

といったことをして、交感神経のスイッチを

 

 

入れられるようにしましょう。

 

 

 

【雨や曇りの日でも室内は明るく】

 

 

雨や曇りの日が続くと、薄暗く

 

 

気分も落ち込んでしまいますね。

 

 

 

 

天気が悪い日でも、日中は明るい環境で

 

 

過ごすようにしましょう!

 

 

 

朝起きたらカーテンを開け室内にできるだけ光を入れ、

 

 

暗いようであれば電気を点け部屋を明るくしましょう。

 

 

 

そうすることで、体に朝だと認識させましょう。

 

 

 

 

【就寝前は目元を温める】

 

朝に交感神経のスイッチを入れたら、

 

 

夜は副交感神経に切り替える事が大切になります。

 

 

 

 

そこで就寝前に蒸しタオルやホットアイマスクなどで

 

 

心地良さを感じる温度(約40℃)で目元を温めるのがおススメ。

 

 

 

 

リラックスすると副交感神経のスイッチが入るので

 

 

睡眠の質も高くなります。

 

 

 

 

【頭痛があるときに注意すること】

 

 

片頭痛の予防には

 

 

入浴による疲労回復やストレス解消がおススメですが

 

 

 

頭痛が生じているときは、頭痛のタイプによって

 

 

注意が必要になります。

 

 

 

 

※緊張型頭痛の場合

 

肩や首の筋肉が緊張することで生じる

 

 

緊張型頭痛の場合は

 

 

きちんと湯船に浸かって筋肉の緊張をほぐし

 

 

血行を促すことで冷えを防ぐことができるので

 

 

症状が改善されます。

 

 

 

 

※片頭痛

 

 

その一方で、「ズキン、ズキン」という片頭痛は

 

 

交感神経が優位になって

 

 

血管が拡張したことで生じますので、

 

 

急な温度の変化で悪化しやすくなります。

 

 

 

 

この場合は、湯船には入らず

 

 

軽くシャワーを浴びる程度にしましょう。

 

 

 

 

 

【梅雨時の服装】

 

寒暖差のある梅雨時は、服装に配慮することも

 

 

大切になります。

 

 

 

気温が5℃下がると、1枚多く衣服が必要と言われていて

 

 

身体が冷えると色々な体調不良を起こしてしまいます。

 

 

 

 

そこで、天気の変化によって気温も変動する梅雨の時期は

 

 

寒さ対策の羽織物を1枚必ず持ちましょう。

 

 

 

羽織りやすい、薄手のカーディガンなど

 

 

 

脱ぎ着しやすい服装を心掛けると

 

 

 

ストレスなく過ごすことができ安心ですね。

 

 

 

 

まだまだ不安定な気候が続くことと思いますので

 

 

 

このような対策をとって乗り越えていきましょう。

 

 

記事一覧へ