院内コラム

院内コラム

梅雨の体調変化と健康管理で気を付けたい事とは?

 

 

前回までは紫外線対策について

 

 

お伝えしてきましたが

 

 

 

今回からは『梅雨の時期の健康管理』について

 

 

 

お伝えしていきたいと思います。

 

 

 

 

 

《梅雨に体調を崩しやすい理由》

 

 

 

①気温の寒暖差が激しい日が多い

 

 

 

*梅雨の時期は天気が崩れやすく

 

 

“晴れて暑い日” “雨で肌寒い日”と言った

 

 

低気圧と高気圧が頻繁に入れ替わるシーズンでもあります。

 

 

 

この気圧の変動や寒暖差といった外的要因で

 

 

体がストレスを感じ、疲れやすくなると

 

 

いわれています。

 

 

 

 

②低気圧や雨で薄暗い日が続く

 

 

 

*低気圧や雨が続くと

 

 

明るい日の光に当たらない日が続くため

 

 

体を休みモードにする「副交感神経」が優位になり、

 

 

だるさを感じることがあるようです。

 

 

 

 

③体内の水分が排出しにくい

 

*さらに湿度が高いと、体内の水分が

 

 

汗や尿として外に排泄しにくくなるため

 

 

水分が体内に溜まってしまうので体調が悪くなります。

 

 

 

 

《梅雨時期に多い症状》

 

 

 

では、どのような症状があるのでしょうか?

 

 

 

一般的な症状として

 

 

*食欲不振

 

*体がだるい

 

*むくみ

 

*下痢

 

*頭痛

 

*不安感

 

*めまい

 

*不眠

 

 

 

と言った症状が現れやすくなります。

 

 

 

それでは、症状ごとの対処法には

 

 

 

どのような物があるのでしょうか。

 

 

 

 

【食欲不振、下痢】

 

 

湿度が高いと体内の消化吸収と

 

 

水分代謝がうまくできないため

 

 

消化不良を起こしやすくなります。

 

 

 

気温が高い日も多く

 

 

冷たい飲み物や食べ物を摂取する機会も

 

 

多くなるかもしれませんが

 

 

 

冷たいものは消化不良を悪化させまるので

 

 

 

なるべく温かいものを摂るようにしましょう。

 

 

 

 

また

 

*味の濃いもの

 

*脂肪分が多いもの

 

 

なども胃腸に負担をかけますので、

 

 

気を付けて摂るようにしましょう。

 

 

 

 

【体がだるい、不眠、不安感】

 

梅雨の時期は低気圧が続くため

 

 

自律神経が乱れて副交感神経が優位になり

 

 

日中でも、だるさや眠気を感じてしまいます。

 

 

 

日中に交感神経を優位にさせるには

 

 

朝、太陽の光を浴びる事が大切になります。

 

 

 

曇りや雨の日でも、

 

 

太陽の光は地上に届いていますので、

 

 

朝はカーテンを開け外光を浴びましょう。

 

 

 

ウォーキングやストレッチなど軽い運動もおすすめです。

 

 

 

 

【むくみ】

 

 

 

湿度が高いと体の水分を汗として排泄しにくいため

 

 

 

体内に水分が溜まってしまうことや

 

 

 

低気圧の影響で、自律神経が乱れ

 

 

 

血の巡りが悪くなってしまうことで

 

 

 

むくみ易くなります。

 

 

 

 

むくみを解消するには、「カリウム」を摂取して

 

 

 

余分なナトリウム(塩分)と共に水分を

 

 

 

排泄することが大切になります。

 

 

 

カリウムが多く含まれる食品は

 

*きゅうりやズッキーニ

 

*大根

 

*アボカド

 

*バナナ

 

 

などの野菜や果物があります。

 

 

 

しかし、大量に食べると胃腸が冷えてしまうこともありますので

 

 

 

生で食べるだけでなく、温かくして食べるのもオススメです。

 

 

 

 

しかし病気などでカリウムの食事制限が出ている方は

 

 

 

医師に相談して摂取するようにしましょう。

 

 

 

 

また、発汗させる方法として

 

 

シャワーだけでなく湯船につかったり

 

 

マッサージなどもおすすめです。

 

 

 

 

次回は気圧の変化による体調不良に対する

 

 

対処法をお伝えしていきたいと思います。

 

記事一覧へ