院内コラム

院内コラム

気象病に効果的な”耳マッサージ”の仕方と”ツボ”とは!?

 

朝晩、随分過ごしやすくなってきましたね。

 

 

 

しかし、この時期は気温の変化も激しく気象病の方も

 

 

体調がすぐれない・・と言う人も多いのではないでしょうか?

 

 

 

 

前回は気象病の予防についてお伝えして

 

 

 

今回は食事についてお伝えすると予告していましたが

 

 

 

 

先日ニュースでも気象病について取り上げられ

 

 

 

『耳のマッサージ』の紹介がありました。

 

 

 

 

 

そこで、今回は気象病に効果的な

 

 

 

”耳のマッサージの仕方”と”気象病に効果的なツボ”の

 

 

 

紹介をして行きたいと思います。

 

 

 

 

是非参考にしてください。

 

 

 

 

 

★耳のマッサージ

 

 

前回のコラムで気象病の原因として

 

 

 

耳が関係しているのでは・・・

 

 

 

と言う事をお伝えしました。

 

 

 

 

 

耳は様々な神経とつながった器官で

 

 

 

気圧の変化だけでなく血流の悪化なども

 

 

 

内耳の動きに関系してくるため

 

 

 

車酔い・めまい・頭痛などの症状を

 

 

 

引き起こすと言われています。

 

 

 

 

そこで耳をマッサージすることで

 

 

 

耳周りの血流を改善し、

 

 

 

自律神経の働きを助ける事で気象病の

 

 

 

症状を少しでも軽くしていきましょう!

 

 

 

 

 

耳を軽くつまみ、上・下・横に5秒ずつ引っ張る

 

 

 

耳の横の部分をつまみ軽く引っ張りながら、

 

 

後ろに向かってゆっくり5回まわす

 

 

 

耳の下に親指を当て、上に人差し指を当て

 

 

 

耳を包むように上下に折り曲げ5秒キープ

 

 

 

耳全体を掌で覆って、

 

 

 

ゆっくり円描くように後ろに向かって5回まわす

 

 

 

 

 

このマッサージを、

 

 

 

気持ちよいと感じる程度の力加減で

 

 

 

1日3回、行ってみてください。

 

 

 

 

 

★首のストレッチ

 

 

 

気象病は内耳にある三半器官が関係している

 

 

と言われていますので

 

 

 

首の左右、前後の筋肉をほぐすことで

 

 

 

首筋の張りが和らぎ三半器官の調整機能が

 

 

 

整いやすくなると言われています。

 

 

 

 

 

そこで自分でできる首のストレッチを

 

 

 

紹介していきます。

 

 

 

 

 

①首の左右のストレッチ

 

 

肩の力を抜きリラックスしましょう。

 

 

右手を頭の上から左側に回し

 

 

ゆっくり右真横に引き寄せるように

 

 

首だけを右真横に傾けます。

 

 

 

この時左肩が上がらないように注意しましょう。

 

 

 

 

 

伸びを感じたら息を吐きながら

 

 

 

20秒~30秒間キープしましょう。

 

 

 

 

 

 

 

反対側も同様に行います。

 

 

 

 

 

②首の後ろと前のストレッチ

 

 

頭の後ろでしっかり両手を組み、

 

 

 

あごを胸につけるように軽く押しながら頭を下げ

 

 

 

そのままの状態で首の後ろから背中にかけて伸ばしましょう。

 

 

 

 

次に両手を下げ、あごをゆっくり引き上げ、首の前を伸ばします。

 

 

 

 

 

後ろに倒し過ぎると頸椎に負担がかかるので

 

 

 

注意してくださいね。

 

 

 

 

伸びを感じたら息を吐きながら20秒~30秒間キープしましょう。

 

 

 

 

◎気象病に効果的なツボ

 

 

気象病に効果的なツボは「内関」と言うツボです。

 

 

 

 

内関は、乗り物酔いや自律神経の乱れに効果的なツボなので、

 

 

 

ふらつきやめまいなどの症状が現れそうなときに

 

 

 

刺激すると、症状が和らぎます。

 

 

 

 

 

 

ツボの場所は手首の内側にあるしわの真ん中から、

 

 

 

ひじ方向に指3本分下がったあたりにあります。

 

 

 

 

気持ちよい程度に刺激しましょう。

 

 

 

 

 

 

次回は「気象病」対策の一つ、食生活について

 

 

 

お伝えしていきます。

 

記事一覧へ