院内コラム

院内コラム

「気象病」対策に効果的な食生活とは?

 

 

前回は気象病に効果的な耳マッサージとツボについて

 

 

 

お伝えしましたがいかがだったでしょうか?

 

 

 

 

今日は

 

 

 

「気象病」対策の一つ食生活について・・・

 

 

 

どのようなことに気をつければ良いのでしょうか?

 

 

 

 

見ていきましょう!

 

 

 

 

 

◎身体の温まる食事

 

 

気象病の原因の一つに自律神経のバランスが

 

 

 

崩れるという事がありますが

 

 

 

自律神経を整えてくれる食事として

 

 

 

第一に体の温まる食事がおススメです。

 

 

 

 

夏からの延長でつい冷たい飲み物や

 

 

 

食べ物を摂取してしまうかもしれませんが

 

 

 

食べ物で体が冷えてしまいますので

 

 

 

気圧の変化に気づいたら体を温めるような

 

 

 

物を摂るように気をつけましょう。

 

 

 

 

 

代表的なものとして・・・・

 

 

 

※体を冷やす飲み物

 

 

コーヒーや緑茶は炒って作られているので

 

 

 

代謝を活性化する成分が含まれておらず、

 

 

 

体を冷やしてしまいがちになります。

 

 

 

 

そこで製造工程に発酵がある紅茶や中国茶、

 

 

ハーブティーを摂取する事がおススメと言えます。

 

 

 

 

また、身体を温めるのに「生姜」を使った飲み物を

 

 

飲む人も多いかと思いますが

 

 

 

その際は、生のままではなく乾燥・加熱

 

 

 

しっかり行う事で成分が変化し、

 

 

 

体を温める効果が期待できますので

 

 

 

そういった工夫をして摂り入れましょう。

 

 

 

※体を冷やす食べ物

 

 

夏は食欲も低下して野菜や麺類を取る機会も

 

 

 

多いかと思いますが

 

 

 

野菜ばかり摂取すると、水分過多になって

 

 

 

体の冷えを助長してしまう事があります。

 

 

 

適度な摂取を心掛けましょう。

 

 

 

 

また、麺類は栄養バランスを損なったり、

 

 

咀嚼回数が少なくなるので

 

 

 

体を冷やす可能性があります。

 

 

 

 

気象病がひどいときには、このような食事にも

 

 

 

気を付ける事が大切かと思います。

 

 

 

 

 

また、最近では自律神経と腸内環境も

 

 

 

関係があることが分かってきているので

 

 

 

 

食物繊維や乳酸菌などを摂取して、

 

 

 

「腸活」を行うことも良いかも知れません。

 

 

 

 

 

◎朝食は必ず食べる

 

 

1日3食を摂ることは基本ではありますが

 

 

 

特に朝食は大切になります。

 

 

 

 

朝食を摂ることで

 

 

 

寝ている間に下がった体温を上げ、

 

 

 

自律神経を整えるのに大きな役割を果たします。

 

 

 

 

◎食事を摂る時間

 

 

 

食事を摂る時間も大切になります。

 

 

 

気象病がひどいと、食べたあと

 

 

 

急激に眠くなる人がいるようです。

 

 

 

 

気象病で、ただでさえ身体がだるいのに

 

 

 

食べてすぐに寝てしまうと、

 

 

 

睡眠中も内臓が動いてしまうので

 

 

 

質の悪い睡眠になってしまいます。

 

 

 

 

自律神経を整えるためには

 

 

 

寝る3〜4時間前までに

 

 

 

食事を済ませておきましょう。

 

 

 

 

 

《まとめ》

 

気象病に効果的な食事についてお伝えしましたが

 

 

 

食べ物だけで気象病が良くなる事はありません。

 

 

 

 

しかし健康な体を作る上で食事が大切なのは

 

 

 

間違いありませんので気象病に悩まされている方は、

 

 

 

毎日の食事にも気を使う事が大切になります。

 

 

 

 

次回は食事で摂取する栄養素について

 

 

 

細かく見ていきたいと思います。

 

 

 

記事一覧へ