院内コラム

院内コラム

気象病の予防にはこんな食材でバランスよく!

 

前回、気象病対策の一つである

 

 

”食生活”についてお伝えしましたが

 

 

 

今回は、より細かく栄養素について

 

 

お伝えしていきたいと思います。

 

 

 

 

気象病に効果的な栄養素にはどんな物が

 

 

 

あるのでしょうか?

 

 

 

 

 

①ビタミンB1

 

 

痛みや自律神経のメカニズムとも

 

 

深く関係している栄養素になります。

 

 

 

脳や糖質を体内でエネルギーに変換してくれる時に

 

 

不可欠な栄養素になります。

 

 

 

 

★ビタミンB1が多く含まれているのは

 

 

*豚肉、うなぎ、玄米などがあります。

 

 

 

 

②ビタミンE

 

 

 

抗酸化作用が高い脂溶性のビタミンで、

 

 

 

活性酸素から身体を守ります。

 

 

 

*血流を促す

 

*コレステロール値を下げる

 

*自律神経を正常な状態に導く

 

*ホルモン分泌をコントロールする

 

 

 

と言った働きがあります。

 

 

 

 

★ビタミンE多く含まれる食材は

 

 

ゴールドキウイ、キウイ、アボカド、赤ピーマン、大根の葉

 

 

など・・・

 

 

 

 

③ビタミンA

 

 

 

肌をはじめ目や口、鼻、のど、気管支などの

 

 

 

粘膜の健康維持に効果があります。

 

 

 

 

更に乱れた自律神経を整えて、

 

 

 

「やる気が出ない」と言った症状を和らげる作用も・・・・

 

 

 

 

★ビタミンAが多く含まれる食材は

 

 

ニンジン、ほうれん草、小松菜、カボチャ、

 

 

 

メロン、スイカ、マンゴーなど・・・

 

 

 

 

 

④マンガン

 

 

骨の形成や糖質・脂質代謝に働く酵素など、

 

 

 

色々な酵素の構成成分になり、

 

 

 

それらの働きをサポートする栄養素です。

 

 

*骨や軟骨

 

*皮膚

 

 

 

などの健康を保つ役割があります。

 

 

 

 

また過敏になった神経を和らげて

 

 

 

鎮める作用もあります。

 

 

 

 

★マンガンが多く含まれる食材は

 

 

ショウガ、パイナップル、レンコン、たけのこ

 

 

 

しそ、バジル、きんかんなどがあります。

 

 

 

 

⑤マグネシウム

 

ミネラルの一種で、骨や歯の形成に必要不可欠な栄養素で

 

 

*エネルギー代謝

 

*血圧や体温

 

*血糖値のコントロール

 

*精神の安定

 

 

 

と言った働きもるので、うつ症状を

 

 

緩和する効果にも期待されています。

 

 

 

 

つまり、気象病の予防・改善にも役立つ

 

 

栄養素と言えますね。

 

 

 

★マグネシウムが多く含まれる食材は

 

 

アボカド、ショウガ、枝豆、ソラマメ、バナナ

 

 

 

栗、ごまなど・・・。

 

 

 

 

⑤必須アミノ酸

 

 

私たちの身体に欠かすことのできない

 

 

 

重要な栄養素の「たんぱく質」は、

 

 

 

20種類のアミノ酸の集合体で

 

 

*筋肉や血液

 

*爪

 

*臓器

 

 

 

などを構成します。

 

 

 

そのうち体内で合成されないアミノ酸が

 

 

 

全部で9種類の「必須アミノ酸」。

 

 

 

そのため食事から摂取する必要があります。

 

 

 

 

必須アミノ酸は、生命維持にはもちろん必要不可欠ですが

 

 

 

身体をお休みモードから活動モードへと

 

 

 

切り替えてくれる役割があるので

 

 

 

自律神経を整えてくれる栄養素と言えます。

 

 

 

気象病になり易いこの時期は

 

 

 

とくに積極的に摂取したい栄養素と言えます。

 

 

 

 

★必須アミノ酸が多く含まれる食材は

 

 

バナナ、アーモンド、大豆食品、枝豆

 

 

 

黒酢、卵、プロセスチーズなどがあります。

 

 

 

 

このように気象病の予防に効果的な栄養素を

 

 

 

バランスよく摂り入れて快適な一日を過ごせるよう

 

 

 

工夫してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

 

記事一覧へ