院内コラム

院内コラム

低気圧になると体調が悪い・・・どうして?

 

最近台風が立て続けに起こり

 

 

 

コロナに加えて色々と大変な時期に入りましたね。

 

 

 

台風も以前と比べると大きな台風が来るようになり、

 

 

 

 

これも温暖化のせいなのでしょうか・・・

 

 

 

 

皆さんの所は大丈夫でしたか?

 

 

 

 

また最近では『天気のせいで体調が悪い・・・』

 

 

 

と言う人が増えているようです。

 

 

 

 

そこで、今月は『気圧と体調の関係』について

 

 

 

お伝えしていきたいと思います。

 

 

 

 

《気圧と体調の関係》

 

 

9月は年間で台風が最も多い季節で

 

 

台風や雨の日など、体調が悪くなる・・・

 

 

という人も少なくない様です。

 

 

 

「今日は頭が痛いと思ったら、低気圧が近づいている」

 

 

「台風が近づくとぜんそくの発作が出る」

 

 

「梅雨時に古傷が痛む」

 

 

 

 

など、体調不良で天気をピタリと当ててしまう人が

 

 

 

皆さんの近くにもいるのではありませんか?

 

 

 

 

私の知り合いには“後何時間後に雨が降るよ”

 

 

 

と時間まで正確にわかる人もいました。

 

 

 

 

このような天気が原因で体調不良を起こすことを

 

 

 

「気象病」と呼び最も多くの人が挙げる症状が”頭痛”のようです。

 

 

 

その他にも

 

 

 

*首の痛み

 

*めまい

 

*耳鳴り

 

*気管支ぜんそく

 

*関節痛、神経痛

 

*古傷の痛み

 

*鬱(うつ)

 

 

 

と言った症状もあるようです。

 

 

 

 

さらに現代ではエアコンで夏は涼しく、

 

 

冬でも温かく過ごすことができるといった

 

 

 

生活環境によって「気象病」になりやすい

 

 

 

体質になってしまっているとか・・・。

 

 

 

 

 

また最近では、局地的大雨(ゲリラ豪雨)と言う言葉も

 

 

 

良く耳にする様になりましたね。

 

 

 

このような極端な気象現象が多くなるにつれ

 

 

 

年々気象病の患者数は増加しているようです。

 

 

 

 

このように「気象病」の主な原因は、気圧の変化と言えますが

 

 

 

 

気圧の変化は急なほど症状が強くなり気圧が低下するときの方が

 

 

 

不調を訴える人が多いようです。

 

 

 

 

 

 

 

更に

 

 

*1日の間に10度以上の温度変化

 

 

 

*気圧が前の日と比べて10ヘクトパスカル以上変化

 

 

 

 

すると症状が出やすいとも言われています。

 

 

 

 

つまり、台風の多い時期やゲリラ豪雨の発生しやすい時期は

 

 

 

このような体調不良を訴える人が多くなる、と言う事が言えますね。

 

 

 

 

では、どうして気圧の変化でこのような症状が出るのでしょうか?

 

 

 

 

気圧が変化すると、人間の体はストレスを感じるので

 

 

自律神経が活性化され、それに対抗しようとします。

 

 

 

自律神経系には、交感神経と副交感神経があり、

 

 

この調整がうまくいかないと、

 

 

 

さまざまな体調不良が起こる原因になってしまいます。

 

 

 

 

つまり気圧の変化で自律神経のバランスが乱れてしまい

 

 

 

「気象病」の症状が出やすい、と言う事がいえます。

 

 

 

 

それでは、このような時はどうすれば良いのでしょうか?

 

 

 

 

次回は「気象病」の対処法についてお伝えしていきたいと思います。

 

 

記事一覧へ