院内コラム

院内コラム

冷えからくる腰痛とは?

 

 

明けましておめでとうございます。

 

今年もよろしくお願いいたします。

 

 

 

昨年は肩凝りについてお伝えしましたが

 

 

 

今回は『冷えからくる腰痛』について

 

 

お伝えしていきたいと思います。

 

 

 

 

 

◆冷え腰痛の見分け方◆

 

 

まず自分が冷え腰痛ではないか・・・

 

 

という見分け方について。

 

 

 

 

冬になると

 

 

「なんだか腰が痛い……」

 

 

 

「お風呂に入り体が温まると

 

 

腰の痛みが楽になる・・・」

 

 

 

 

こんな人は、冷えから起こる腰痛持ち

 

 

と考えられます。

 

 

 

 

 

冷えからくる腰痛対策は、

 

 

 

「冷やさないこと」が重要です。

 

 

 

 

では腰痛対策はどのような物があるのか

 

見ていきましょう!

 

 

 

 

 

◆腰痛対策◆

 

 

 

【衣服による対策】

 

 

 

下半身を冷やさないことが重要なので、

 

 

 

服装はパンツスタイルがおすすめです。

 

 

 

 

スカートをはく場合には、

 

 

 

厚手のタイツやスパッツを必ず着用するように。

 

 

 

 

足元はブーツなどを選ぶことがポイントです。

 

 

 

 

 

血液が身体を巡る時

 

 

 

足まで下りた血液は心臓に戻る途中で

 

 

 

腰の辺りを通りますので、足が冷たければ

 

 

 

血液も冷たいので腰も冷えてしまいます。

 

 

 

 

 

つまり足元を温めることも大切と言うことに

 

 

 

なるわけです。

 

 

 

 

 

また、腹巻きを着用すると暖かいので、

 

 

 

腰痛持ちの方にはおすすめと言えます。

 

 

 

 

 

他にも、使い捨てカイロなどを利用するのも

 

 

 

いいですね。

 

 

 

 

 

【食事での対策】

 

 

 

体を温める食べ物を

 

 

 

積極的に摂るようにしましょう。

 

 

 

 

 

体を温める食べ物とは、

 

 

 

*肉類・・・鶏肉

 

 

*魚介類・・・イワシ、エビ、カツオ

 

 

*野菜・・・生野菜ではなくスープや鍋。

 

 

 

 

食材としては

 

 

 

『カブ、ニラ、ショウガ、ニンニク、カボチャ、

 

ネギの白い部分』などがおススメです。

 

 

 

 

 

味付けは味噌仕立てにすると

 

 

 

身体が温まります。

 

 

 

 

 

『ダイコンやゴボウ、アサリ』などは

 

 

 

体の熱を冷ますのでできるだけ控えましょう。

 

 

 

 

 

飲み物も、体を冷やす傾向にあるものとして

 

 

 

*糖分の多い清涼飲料水

 

 

*緑茶、ウーロン茶、麦茶

 

 

*牛乳、コーヒー

 

 

 

 

などがあります。

 

 

 

 

 

 

冬場は

 

 

 

*紅茶やジャスミン茶、ココナッツミルク

 

 

 

などを、ホットで飲むようにしましょう。

 

 

 

 

 

【仕事での注意点】

 

 

 

 

職場が寒くなくても

 

 

 

デスクワークや立ち仕事といった

 

 

 

同じ姿勢が続く場合は

 

 

 

 

体の筋肉が緊張して血行不良に

 

 

 

なってしまう可能性が高くなります。

 

 

 

 

 

同じ姿勢で1時間程度作業したら、

 

 

 

体を動かすようにしましょう。

 

 

 

 

 

【入浴では・・】

 

 

シャワーだけで済ませるのではなく

 

 

 

できるだけお湯に浸かるようにしましょう。

 

 

 

 

シャワーだけでは体が十分に温まらないので

 

 

 

冷えやすくなります。

 

 

 

 

しかし熱いお風呂に入るのは

 

 

 

体の表面を急激に温めるだけで

 

 

 

お風呂から出ると体温は下がってしまうので

 

 

 

注意が必要です。

 

 

 

 

 

一番おススメなのは

 

 

 

ぬるめのお風呂に時間をかけて

 

 

 

ゆっくり浸かることです。

 

 

 

 

 

体が芯から温まるので

 

 

 

筋肉もほぐれやすくなり血行も良くなります。

 

 

 

 

 

毎日ゆっくり入る時間が無いと言う人も

 

 

 

週に1~2回はゆっくり入る時間を

 

 

 

作る様にしましょう。

 

 

 

記事一覧へ