院内コラム

院内コラム

在宅ワークで腰が・・・!!腰痛に効果的なツボはココ!!

 

前回は肩こりのツボについて 

 

 

 

お伝えしましたが 

 

 

 

今回は腰痛に効果的なツボを 

 

 

 

紹介していきたいと思います。 

 

 

 

 

在宅ワークになって座っている時間が 

 

 

増えた人も多いのではないでしょうか。 

 

 

 

 

 

しかし 

 

 

*自粛中で中々治療に行けない 

 

 

*子供の面倒を見ていて治療に行けない 

 

 

 

という人もおられるのではないでしょうか。 

 

 

 

 

そこで今回は腰痛でも痛みのある場所に応じた 

 

 

 

ツボを紹介していきますので 

 

 

 

是非参考にしてみてください。 

 

 

 

 

《腰痛の原因》 

 

まず腰痛の原因として挙げられるのは 

 

 

*運動不足による筋肉の衰え 

 

 

*柔軟性の低下 

 

 

 

などがあります。 

 

 

 

腰痛の方でコルセットを常用されている人も 

 

 

 

多いかと思いますが 

 

 

 

 

背骨を支える筋肉があると 

 

 

 

それが自分の身体で作る自然のコルセットに 

 

 

 

なって身体を支えてくれます。 

 

 

 

 

しかし、運動もまともに出来ない現代では 

 

 

*自宅でできる筋トレ・ストレッチ 

 

 

*短時間でできるツボ押し 

 

 

 

などを行い腰痛改善に取り組むことが 

 

 

 

大切になってくるかと思います。 

 

 

 

 

 

 

【初期段階の腰痛】 

 

 

 

 

それほど激しい痛みはないものの 

 

 

 

背中から腰にかけて左右のどちらかが痛む・・・ 

 

 

 

といった場合の効果的なツボは『崑崙(こんろん)』 

 

 

と言われるツボになります。 

 

 

※場所

 

外くるぶしの後ろのくぼんだ所にあります。 

 

 

親指の先や指で痛みを感じる手前の強さで 

 

 

2~3秒押して離す・・・ 

 

 

 

といった刺激を3~5分繰り返しましょう。 

 

 

 

 

【姿勢による痛み】

 

前屈みになったときや中腰になったときに 

 

 

 

背中の真ん中あたりが痛む時や 

 

 

 

”ぎっくり腰”になった時にも効果的なツボが 

 

 

 

『中封(ちゅうほう)』というツボになります。 

 

 

 

※場所

 

 

つま先を反らすと、内くるぶしの前側に 

 

 

 

腱が浮き出てきます。 

 

 

 

この腱と内くるぶしの間にできたくぼみが 

 

 

ツボになります。 

 

 

 

 

親指の先で3~5秒押してゆっくりと離しましょう。 

 

 

これを3~5分間繰り返します。
 

 

 

 

このツボは 

 

 

「気分の落ち込み」 

 

 

「不安」 

 

 

 

といったものにも効果的ですので 

 

 

 

 

コロナに対する不安や 

 

 

 

外出自粛が続いて人と会えず気分が落ち込んでいる 

 

 

 

といった人も試してみてはいかがでしょうか。 

 

 

 

 

 

【慢性化した腰痛】 

 

 

 

 

腰の痛みや違和感が続く・・・といった 

 

 

 

慢性化した腰痛に効果的なツボは『照海(しょうかい)』 

 

 

 

になります。 

 

 

 

 

※場所

 

 

内くるぶしの突起のすぐ下にあります。 

 

 

親指の先でツ3~5秒ゆっくり押して離しましょう。 

 

 

 

これを3~5分間繰り返してください。 

 

 

 

 

 

《ツボ押しのコツ》 

 

 

ツボを押すときは 

 

 

*心地いいと感じる強さ 

 

 

 

で押すようにしましょう。 

 

 

 

 

何度も強く押しすぎると、 

 

 

 

“揉み返し”が起こり、逆に痛みが出る場合があります。 

 

 

 

”痛い方が効果がありそう”と思うかもしれませんが 

 

 

 

”気持ちいい”といった適度な強さが一番効果的ですので 

 

 

 

その強さを心がけて刺激しましょう。 

 

 

記事一覧へ